結局「OpenOffice」と「LibreOffice」どっちを使えば良いの?

混乱してる?!!「OpenOffice」と「LibreOffice」の違い

「OpenOffice」「LibreOffice」この二つは見た目も名称も似ていると言うことで混乱している人も多いのではないでしょうか?

実際、調べると元は同じソフト(会社)から分裂して二つに分かれたということが発覚しました。

そこで、この二つの成り立ちについて調べ、今後どちらのオフィスソフトを使った方が良いのか調べてみました。

先に結果だけ言うと、断然「LibreOffice」の方が良いです。

「OpenOffice」「LibreOffice」の歴史

まず最初に「OpenOffice」「LibreOffice」がそれぞれどのような経緯で発生したのか調べました。

「OpenOffice.org」が二つに分かれて「LibreOffice」と「Apache OpenOffice」が誕生した?!!

2002年から「OpenOffice.org」と言う名称でリリースされたOpenOfficeですが、2010年にOracleが管理することになり、そのタイミングで開発メンバーの一部が離脱しました。

離脱したメンバーが新たに「The Document Foundation」と言う団体を立ち上げて、OpenOfficeの次期バージョンとして「LibreOffice」をフォークし、2011年にリリースされました。

ソフトウェア開発におけるフォークとは、あるソフトウェアパッケージのソースコードから分岐して、別の独立したソフトウェアを開発することである。

(引用:wikipedia

一方のOrcleは「OpenOffice.org」をApacheソフトウェア財団に譲渡し、「Apache OpenOffice(AOO)」として開発が進められました。

「LibreOffice」と「Apache OpenOffice」の開発状況

こうして2つのソフトウェアの開発が別々に進められるようになりましたが、圧倒的に「LibreOffice」の方が優勢でした。

開発ペースについて

LibreOffice

年2回の定期アップデートに加えて、短いときには1ヶ月に1回のペースでアップデートを重ねていった

Apache OpenOffice

2012年から2014年は年2回、2015年は年1回というペースでのアップデート

セキュリティ脆弱性について

加えて、AOOは2015年7月にセキュリティ脆弱性が明らかになったときに即座のパッチリリースが行われず、対策として「LibreOfficeかMicrosoft Officeを使用すること」が推奨されました。

この脆弱性に対するパッチがリリースされたのは、2015年8月下旬のことでした。

つまり、「Apache OpenOffice」は「LibreOffice」の方が勝っていると認めたってこと?

今後の更新状況について

AOOの役員が一度「Apache OpenOfficeプロジェクトの終了」を示唆しました。

しかし、既に「Apache OpenOffice」のユーザーがあまりにも多く、終わらせようにも影響力が大きいです。

2012年5月以降のダウンロード数は1億6000万回で、2015年だけでも2900万回ダウンロードされているそうです。

2016年には公式ブログにて、当面の開発継続が発表されました。

まとめ

「Apache OpenOffice」は今後開発が終了になる恐れがある。

「Apache OpenOffice」よりも更新頻度の高い「LibreOffice」にした方が無難。

(引用・参照)

OpenOffice(Apache OpenOffice)が開発者不足のためプロジェクト終了へ

実際「Apache OpenOffice」と「LibreOffice」どちらが使いやすいの?

上では今後の開発状況や更新頻度を考えると「LibreOffice」にした方が良いと言いましたが、実際に操作性の面では「Apache OpenOffice」と「LibreOffice」どちらが使いやすいでしょうか?

使いやすさのポイント

①直感的な操作ができるか ②MicrosoftのWord、Excelと相互性があるか、この二点が重要だと考えます。

「Apache OpenOffice」と「LibreOffice」のスクリーンショット

全体像

LibreOffice

Apache OpenOffice

「LibreOffice」と「Apache OpenOffice」の開発者が同じだけあって、パッと見はどちらも似ていますね。

結果から言うと、私は「LibreOffice」の方が圧倒的に使いやすかったのですが、その理由をお話します。

「Apache OpenOffice」のデメリット

・フォントの色、背景色のアイコンが遠い。

一番良く使用するのに一番遠い位置に配置されています。

Excelとも真逆の配置なので、アイコンを見つけるのにワンテンポ遅れてしまいがちです。

・フォントの色や背景色が一回ごとにリセットされる。

上の画像を見ての通り、「LibreOffice」はフォントの色や背景色を一つのセルに変更した時、そのままの色情報が引き継がれます。

しかし、「Apache OpenOffice」は別のセルをクリックするとデフォルトの「自動」と「塗りつぶしなし」に戻ってしまいます。

全部黒で文字を打ち終わった後で、色の装飾を連続して行いたい場合に操作性が悪いです。

・アイコンが見難い

「LibreOffice」に比べてアイコンのサイズが小さいです。

その上アイコン画像が鮮明でないので操作がワンテンポ遅れてしまいます。

「LibreOffice」のメリット

・全体的にExcelと変わらない

寧ろ「Excel Online」は枠線の色が変更出来ないので勝ってる!

因みに私は普段、文書をまとめたり、収入やpasswordなどの管理表として「LibreOffice」を使用しています。

・アイコンが見やすい

直感的な操作が問題なく出来ます。

まとめ

これまで「OpenOffice」で使いにくいと感じていた箇所が全て「LibreOffice」で改善されたような感じです。

「LibreOffice」はExcelと殆ど変わらないと言っても良いと思います。

http://www.sumahoinfo.net/entry/libreoffice-vs-openoffice/

まとめ

ここのでの流れで完全に「LibreOffice」一択だと思います。

全ての面において「OpenOffice」よりも「LibreOffice」の方が勝っています。

また、「OpenOffice」の管理者的にもユーザーを「LibreOffice」に移して、「OpenOffice」を終了させても良いと考えているんじゃないかな~と勝手に思っています。

なので、「OpenOffice」と「LibreOffice」で迷っているなら問答無用で「LibreOffice」をおすすめします!

また、無料で使用できるオフィスソフトは「LibreOffice」だけではありません。

今回の結果を踏まえて次回は、無料で使用できるオフィスソフト「Office Online」「Googleドキュメント」「LibreOffice」を比較しますので良かったらご覧下さい!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)