auのiPhone 6Sからmineoに乗り換える時の注意点|SIMは「au VoLTE対応SIM」を選ぼう!

auのiPhone 6Sからmineoに乗り換える時の注意点|SIMは「au VoLTE対応SIM」を選ぼう! お役立ち
スポンサーリンク

auの「iPhone 6S」のSIMサイズは2種類!

iPhone 6Sの場合、SIMはこの2種類が選べます。

  • au VoLTE対応SIM(nanoサイズ)
  • nanoSIM
てだえり
どっちを選べば良いの?

SIMのサイズは「au VoLTE対応SIM」を選ぼう!

迷わず「au VoLTE対応SIM(nanoサイズ)」を選択しましょう。

理由は、iPhone8以降の端末は、「au VoLTE対応SIM(nanoサイズ)」しか対応していないからです。

「nanoSIM」を選んでしまうと、今後新しいiPhoneにした時に、「au VoLTE対応SIM(nanoサイズ)」を購入しなければならなくなってしまいます。

そのため、新しい端末に対応している「au VoLTE対応SIM(nanoサイズ)」を選択することをおすすめします。

【おまけ】auの「iPhone 6S」は必ず解約前にSIMロック解除しよう!

auの「iPhone 6S」はSIMロック解除ができますので、必ずSIMロック解除しておきましょう。

au解約後にSIMロック解除を行うことは出来ますが、手数料が3,240円発生してしまいます。

au解約前であれば簡単に、しかも無料でSIMロック解除を行うことが出来るので、早めにSIMロック解除を行いましょう。

てだえり
と言うか、auを解約しなくても忘れないうちに今すぐやった方が良いレベルです。

SIMロック解除をした方が良い一番の理由は、もしmineo(マイネオ)以外の格安SIMに乗り換えすることになった時に、auに対応した格安SIMしか利用できないからです。

最近ではトリプルキャリア(au/docomo/ソフトバンク)に対応している格安SIMが増えてきましたが、例えばDMMモバイルでは、auで契約された端末を利用できないことになっています。

しかし、前にauで契約された端末でもSIMロック解除すればDMMモバイルを使用することができます。

てだえり
しかし、先ほど言った通り、au解約後にSIMロック解除を申請すると手数料3,240円が発生します。

このように、SIMロック解除をしておくと、今後格安SIMに乗り換えることがあった時の選択肢が増えます

さらに、SIMロック解除をしているスマホ端末の場合、手放す時に下取り価格がアップすると言うメリットもあります。

中古で売る時にもSIMロック解除をしているかどうかで金額が大幅に変わります

SIMロック解除をするデメリットは全くないので、忘れないうちに今すぐSIMロック解除しましょう!

コメント