Googleで「AMPページのエラーを修正してください」とエラーメッセージを受け取った時の対処法

ある日、「AMPページのエラーを修正してください。」と言う内容のメールが届きました。

Search Consoleで確認すると・・・

レポートを開く >

URLクリック >

属性「action」はタグ「FORM [method=POST]」で使用できません。

このURLはお問合せフォームのページでした。

ということで、お問合せページだけAMP機能を停止しようと思いましたが、本家サイトを見てみるとこんな注意点が記載してありました。

ただ、全てのページをAMP化すると都合が悪いことも出てくるかと思います。

例えば以下のようなページの場合。

  • 個別にスクリプトを利用した動作サンプルページが多数ある
  • アフィリエイトのコンバージョンページでのタグの改変を防ぎたい(改変されても成果は発生するとは思いますが規約などもあり一応)[参考ページ]
  • どうしても本文中のAMPエラーを取り除けない(わからない)

(引用:Simplicity公式サイト

「アフィリエイトのコンバージョンページでのタグの改変を防ぎたい」

ちょっと良く分からないんですけど、現在Googleアドセンスに審査を受けている最中だったので、AMP機能全部を一旦停止して、後から追加⇒お問合せフォームは除外の流れにしようと思います。

【2017/11/06追記】

AMP機能を有効にし「お問合せ」「プライバシーポリシー」を「AMPページを生成しない」にしました。

Simplicity2.3.1より、Simplicityの投稿ページ全てをAMP化できる機能が追加されました

(引用:https://wp-simplicity.com/no-amp-page-settings/

投稿ページのAMP化と言うことですが、エラーが出たので固定ページを除外に設定しました。

【2018/02/16追記】固定ページのみ「AMP機能」を無効にするやり方

私の記事を読んでくれた読者様から、詳しいやり方についてお問合せがあったので追記します。

他にも分からない箇所や分かりにくい書き方があったら、遠慮なく問合せフォームから、コメント下さいね!

やり方

管理画面 > 固定ページの「AMP設定」を除外したいページを選択 >

AMP設定:「AMPページを生成しない」にチェック > 更新

下の方にスクロールするとあります。

サイドバーに「AMP設定」の項目がない場合

上の「表示オプション」をクリックすると、各ボックスが現れます。

「AMP設定」にチェックがない場合は、チェックしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)