【2017年10月】申請から3日でGoogleアドセンスに合格しました!

この度、無事にGoogleアドセンスの審査を通過しました!

他のサイトを検索してみると、結構審査に落ちている人が多いみたいで不安でしたが、無事合格できて良かったです。

審査に通過するために審査通過用ブログまで作成している人もいるみたいですが、私はこのサイト一本で勝負しました。

一度審査に受かってしまえば、他のグレーなサイトに貼り付けてもバレないから大丈夫というような書き込みもありましたが、もしそれで見つかったら怖いので、「だったら最初からきちんとGoogleに認められる記事を書こう!」と思いました。

この記事ではサイトを立ち上げてからGoogleアドセンスに合格するまでの一連の流れをまとめました。

サイト立ち上げからGoogleアドセンス審査通過までの経緯

2017/07/17 ロリポップとサーバー契約。サイト作成(初期ドメイン)。


2017/10/10 独自ドメイン取得、サイト引越し

この時点では、内容の薄い記事5つ程しか無かった。


10/10-10/25 サイト設定、記事作成、Googleアドセンス申請準備

27記事追加。出来るだけ1,000文字以上。


2017/10/25 Googleアドセンスの申請


2017/10/28 審査合格

Googleアドセンス申請前に確認した事項8つ

この8つのことを最低限抑えておけば問題なく審査に合格できると思います。

①コンテンツのある記事を30個作成

ポイントは「誰かの役に立つ記事を書いているか」

1記事1,000文字以上。

②プライバシーポリシー

サイトを運営する上で必ず作成しなければならない。

③アクセス数も確認

訪問者数平均15人くらい。

アクセス数は関係ないという意見もありますが、最低でも一日の訪問者数の平均10人以上が安定してから申請すれば良いと思います。

訪問者数が少なければ申請が通っても収益にならないので意味ないです。

④プロフィールページ

実名や写真を出す必要はありませんが、どんな人物がサイトを運営しているのか明示します。

⑤お問合せフォーム設置

サイト運営者と連絡を取る手段は必要

禁止コンテンツの確認

どんな記事を書いてはいけないのか、Googleの水準には一度目を通しておきましょう。

⑦⑧Googleアナリティクス/Search Console設定

広告の収益を伸ばすためにはアクセス解析が必須。

GoogleアナリティクスとGoogle Search Consoleを導入しておいたほうがGoogleの印象が良くなりそう。


手順の参考記事

グーグルアドセンスの2次審査!「HTMLで<head>タグを探し、その直後に貼り付けます」のやり方は?


すごいと思った人

2017年グーグルアドセンス審査に2時間で合格した方法!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)