【http/https/SSL】分かりやすく簡単に解説してみた

SSLとは?

概要

サイトのアドレスは「http://」「https://」から始まるのを見たことがあると思いますが、「https://」のサイトは、情報を暗号化して送受信しており、セキュリティの高い安全なサイトであるという証明になります。

また、「https://」から始まるサイトを、SSL化されたサイトと言います。

SSL未設定は怪しいサイト?

SSLでないサイトは、ブラウザのアドレスバーに「保護されていません」と表示されるようになります。

SSL未設定

SSL設定後

最近では常時SSLが当たり前

少し前までは、SSLに変えるのに結構なお金がかかっていたため、全体がSSLのサイト(常時SSL)はあまりなく、ショッピングサイトなどは、個人情報を入力するページだけSSLのサイトに飛ばしていました。

しかし、最近では独自SSLを無制限で無料で使用できるようになったことにより、個人のブログやサイトなども、全てSSL(常時SSL)が当たり前になってきました。

ロリポップは、2017年7月11日からで無料の独自SSLが使えるようになりました。

SSL化すると、Googleの検索順位にも有利

GoogleがSSL化の推奨を公表しており、SEO対策にもなります。

HTTPS をランキング シグナルに使用します

セキュリティは Google の最優先事項です。(中略)

すべてのサイト所有者の皆様に HTTP から HTTPS への切り替えをおすすめしたいと考えています。

(引用:ウェブマスター向け公式ブログ

SSLはサイトを作成したら最初に行うべき

既に記事を書いている場合は、画像のURLや内部リンクのURLを「http」から「https」に修正しなければならないので、SSL化は出来るだけ早く行うべきです。

まとめ

HTTPのサイトをHTTPSにすることをSSL化と言う。

その特徴は・・・

  • 検索順位で有利になる
  • 通信を暗号化し第三者からの情報盗難を防止する
  • セキュリティの高い安全なサイトであると言う証明

やり方

先にサーバーでSSL化した後、WordPressの設定を変更します。

サイトをSSL化する

ロリポップのユーザーページにログイン > セキュリティ > 独自SSL証明書導入 >

SSL化したいドメインにチェック > 独自SSL(無料)を設定する >

SSL設定作業中

私の場合、10分くらい経ったらSSL化されました。

少し経過してからサイトを更新すると「SSLで保護されているドメイン」に先程チェックしたサイトが入っていたら設定かんりょうです。

SSLで保護されていることが確認出来たら、WordPressの設定に移ります。

WordPressの設定

管理画面 > 一般 > WordPressアドレス(URL)、サイトアドレス(URL)の「http:」を「https:」に変更する >

変更を保存 >

WordPressのログイン画面も「https」に変わったのでブックマークのURLも書き換える。

完了

SSLにしたことによって、サイトの印象が良くなったと思います。

※テスト用の新規サイトをSSLにしました。本サイトは未設定のままです。こちらは後で行うつもりです。

Before

After

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)