ブログを初期ドメインで運営しても良いの?

スポンサーリンク

初期ドメインとは?

サーバーが無料で貸してくれるサブドメインのことです。

ロリポップ!では、お好みの文字列と104種類から選べるロリポップ!のドメインを組み合わせたドメインを、ホームページやメールのアドレスとして1契約につき1つ利用できます。

.mail.jpや.sub.jpなど、104種類あるドメインからお好みのドメインを利用できます

(引用:ロリポップ!のドメインについて

私は以前、初期ドメインでサイトを運営していました。

その時はサイトURLが「http://best.chips.jp」でした。

「chips.jp」の部分がロリポップ!のドメインで、「best」は私がつけた名前です。

「http://best.chips.jp」という住所は私だけのものですが、大元である「chips.jp」をロリポップから借りて利用している人は何人もいます。

つまり、同じ初期ドメイン(chips.jp)のサイトが他にもあるということは、他のサイトが規則違反をしていたりサイトの価値が低かったりすると、自分がきちんと運営していても、連動して自分のサイトの評価も下がってしまう(可能性がある)ということです。

 

初期ドメインでホームページを運営していた経緯と後悔

本格的に自分のサイトを持ちたいなら、『簡単に無料でブログを作れる「Ameba」や「Seesaa」じゃなくて、自分でレンタルサーバーを借りて独自ドメインを取得した方が良い。Wordpressが良い。』と言う記事をいくつも見ました。

無料ブログのデメリット

①アカウント停止になってデータが消えたら終わり
②無料ブログは広告が表示され、その広告収入は自分には入らない

 

そこで、まずレンタルサーバーはロリポップ!を申し込みました。

作りたいサイトが二つあったので、二つとも独自ドメインを取得しないで、一つを独自ドメイン、もう一つを初期ドメインにすればお得なんじゃ・・・!と思いました。

その頃は初期ドメインという言葉を理解しておらず、「サーバーを申し込んだんだから独自ドメインと一緒でしょ!」と思っていました。

 

レンタルサーバーを借りるところまでは良かったのですが、そのレンタルサーバーのドメインを借りたので、結局は無料ブログと一緒でサブドメイン扱いと言うことになります。

初期ドメインでも普通に運営は出来ていましたが、運営してから一ヶ月ほど経過して「そろそろGoogleアドセンス」を取得してみようかなと思いったら、なんと、Googleアドセンスを取得するにはサブドメインでは取得できない事が発覚!

そこで初期ドメインについて今一度調べなおしたら、前述したような初期ドメインの欠点が浮き彫りに・・・!

どうりで訪問者数も数日に一件ずつしかありませんでした。

(独自ドメインに変えた途端、アクセス数が急に伸びました。)

 

また、あくまでも初期ドメインは、レンタルなので今後サーバーを変えることが一切できません。

もし サーバーを変えてしまったら、ドメイン自体がなくなりブログそのものがなくなります。

 

それに対して、独自ドメインの場合は、同じドメイン(住所)でサーバーだけ変更することが出来ます。

 

結論

初期ドメイン向きの運営の仕方

  • SEO対策をしない
  • 人に見て欲しいと思わない
  • 完全に自分用だけのブログを運営する(鍵付きのTwitter的なイメージ)
  • お金を掛けたくない

 

独自ドメイン向きの運営の仕方

  • アクセス数を稼ぎたい
  • いろんな人に見てもらいたい

 

まとめ

人に見てもらってアクセス数が増えるとその分やる気にもつながりますし、独自ドメイン代も安いところだと年間1,000円程度で運営できます。

Google アドセンス広告を設置して、収益にかえることも出来ます。

なので私は断然独自ドメインを取得する事をお勧めします!(というか、最初に初期ドメインにしたことを後悔して独自ドメインに変更しました。)

 

コメント