メールの送受信の仕組みについてどこまで知ってた?「SMTP、POP、IMAP、HTTP」の違いについての解説!

まず、メールの種類は大きく二つに分けられます。

電子メール

メールソフトをパソコンやスマートフォンなどの端末にインストールして使用する方法

=インストール先の端末からしか閲覧できない

Webメール

インターネットブラウザから閲覧できるWebメール(Gmail、yahoo、icloud等)

=ネットに繋がっていればどの端末からでも閲覧できる。端末にメールソフトをインストールする必要はない。

メールのプロトコル(伝達方法)にはいくつかの方法があります。

「SMTP、POP、IMAP」

メール通信用のプロトコルであり、それぞれ「SMTP」は送信用プロトコル、「POP、IMAP」は受信用プロトコルになります。

メールを利用するには送受信が必要なので、送信には「SMTPサーバーの情報」、受信には「POPまたはIMAPサーバーの情報」を自分のメールソフトに設定しなければなりません。

「HTTP」「HTTPS」

Web通信用のプロトコルとして馴染みがありますが、Webメールの受信用プロトコルとしても使用されています。

メールが伝達される流れ

SMTP:Simple Mail Transfer Protocol

POP :Post Office Protocol

IMAP:Internet Message Access Protocol

それぞれ「SMTP」「POP」「IMAP」と言うルールに従ってメールを送っている。

POP(Post Office Protocol)

メールサーバからメールをパソコンにダウンロードし、メールソフトの中で管理する仕組み。メールをダウンロードしたらサーバ上から削除される。(何日間か削除しないようにも設定できる。)

メールソフト(受信側)が一定の時間毎に、メールサーバーへメールを受け取りに行く(メールが届いているか見に行く)。

  • 自動設定:15分毎、30分毎にPOPサーバに問合せ
  • 手動設定:受信ボタンをクリックして、その都度POPサーバに問合せ

IMAP(Internet Message Access Protocol)

届いているメールは常にサーバー(ex.郵便局)で保管されており、見たい時に直接サーバーに見に行く(メールは受けとらない)。

POPとIMAPの違い

  • POPは同時に複数台の端末で受信を行う事が出来ない。
  • 届いたメールの「既読・未読・フォルダ分け・削除」が端末上で行われるので、別の端末と同期が出来ない。

IMAPとWebメールの違い

  • IMAPはインターネットに接続できなくても、一度受信していたメールは見ることが出来る。
  • Webメールはインターネットに接続できなければ見ることが出来ない。

その他

iphoneにはメールの通知方法が「プッシュ」と「フェッチ」の二種類あります。

  • POP:フェッチ設定しか出来ない
  • IMAP:フェッチ、プッシュに対応している

プッシュ

メールが届いたら、サーバ側からリアルタイムで通知をしてくれる。

但しバッテリー消費が激しい。

フェッチ

ユーザ側から、メールが届いていないかサーバへ問合せる。

15分~1時間毎に設定できる。

バッテリー消費はプッシュより少ない。

(参考記事)

http://sotolog.com/pc/pop-imap-http-mail-protocol/

http://fctv.mitene.jp/mail/which.html

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)