iTunes音楽のバックアップ先!最もコスパの良い方法は?!

iTunesから曲をバックアップする方法

曲をバックアップするためにファイルの統合を行います。

ファイル > ライブラリ > ライブラリを整理 >

ファイルを統合にチェック > OK

iTunesのフォルダを開く

エクスプローラー > PC > ミュージック > iTunes

iTunesを右クリック > プロパティ >

iTunesファイルのサイズが32GBなので、32GB以上の容量が入るUSBやBlue-rayに直接ドラック&ドロップすればバックアップ完了!

意外と簡単!

しかし、私が持っているUSBは16GB、Blue-rayは25GBなので容量が足りません。

と言うことで、このやり方は諦めました。

iTunesバックアップの保存先をどこにするか

公式ではiPodに入っている曲をiTunesに移すことが出来ないので、iTunesをインストールし直す際にはバックアップを取っておく必要があります。

iPodに入っている楽曲ファイル等はiTunesへは戻せません

バックアップを取らないとiTunesの中身が真っ白になってしまいます。

しかも、iTunesは偶に起こる問答無用のバグがありまして、iTunesをアップデートした際などにデータが消えてしまう事がありますので、日頃から定期的にバックアップを取っておくことが大切です(私も一度起こりました)。

①TunesGo

iTunesで使いにくいと感じる部分が全て改善されたようなデータ管理ソフト。

iTunesの代替としてデータの管理・バックアップ等全て行うことが出来ます。

先程「公式ではiPodに入っている曲をiTunesに移すことが出来ない」と言いましたが、TunesGoではiPodに入っている曲をiTunesに転送する事もできます。

iTunesの機能+αのことが出来ると考えれば良いと思います。

特徴

  • Windows、Mac対応
  • iPhone/Android/iPod/iPad全対応
  • iTunesにデザインが近く使用しやすい
  • デバイス間のデータ転送も可能(iPhone/iPod/Android)
  • iPhone/iPod/Androidからパソコンへの音楽転送も可能

欠点

無料版でiPodからTunesGoに送れる曲は20曲

感想

欠点は無料で使用できないことくらいです。

レビューも高く、かなり使えそうな感じがします。

iTunesはWindowsで動作が重いですが、TunesGoはWindows用にも作られているのでかなり軽く感じるみたいでそこも良いなぁと思いました。

なんと言ってもiPodから曲を転送できるところが一番欲しい機能ですね。

購入先

TunesGo公式:https://tunesgo.wondershare.jp/

安く買える所:TunesGo デラックス版 永久ライセンス

参考記事

iPodからパソコンへ音楽を転送する方法

iTunesの代わりに『TunesGo』を使えば、データの管理が簡単

②pod野郎

完全無料。

iPodに入っている曲をiTunesに転送できる超便利なソフトです。

特徴

Windowsで動作するiPod touch以外の全機種に対応

欠点

iPhone、iPod touchでは使用できない

感想

以前iTunesから曲が消えてしまった際にバックアップを取っていませんでしたが、この「pod野郎」のお陰で、iPodからiTunesに曲を戻す事ができました。

数回のクリックで簡単にiPodからiTunesに曲を転送できました。

4,000曲くらいありましたが、そんなに時間はかからなかったと思います。

しかし、iPod touchはシステムに特殊な処理が施されているため対応できないと言う事で、現在私はiPod touchを使用しているので使えません。

ダウンロード

公式HP:pod野郎 Official Page

③ロリポップ!のサーバ上に保存する

これも失敗でした。

私が契約しているロリポップ!のスタンダードプランが容量120GBも入るので、FTPからファイルをコピーしてアップロードすれば良いんじゃ・・・!と思いましたが失敗でした。

そう言えば一時期WebDAVを使用していたんですが、ファイルのアップロードに時間がかかるイメージがあったので、そんなに大量のファイルを一度に転送するのは難しいのかなぁと思いました。

WebDAVとは?

通常Webサーバー上にファイルを追加したり、削除したりするには、FTPと呼ばれる仕組みをサポートした専用のソフト(FTPクライアント)を使う必要があります。

WebDAVを使うことで、FTPに対応した専用ソフトがなくても、ファイルをWebサーバー上へ追加したり、削除したりすることが出来るようになります。

(引用:http://find-server.net/webdav-rental-server/

パソコンのファイルを扱う感覚で操作できて「オンラインストレージ」として役立つことができます。(でも実際に使ってみたらパソコンのファイルよりも動作がワンクッション遅かった。)

無料で50GBのファイルを保存できるオンラインストレージ「MEGA」

32GBのiTunesのバックアップファイルを作成するために新しくUSBを購入するのは癪だなぁと思ったので、めげずに探していました。

「オンラインストレージ」と言うものを思い出したので、無料で32GB以上保存できるサービスが無いか調べてみました。

そしたら無料で50GBのファイルを保存できる素晴らしいサービスを見つけたので早速やってみようと思います。

やり方

https://mega.nz/ > アカウント作成 >

各項目を入力 > アカウント作成 >

メールが届いていなければ再送できます

MEGAからメールが届くので、自分のメールを認証する >

アカウントを確認 >

一番左の無料プランを選択 >

マイページトップ画面 >

「クラウドドライブは空です」のスペースに「iTunes」ファイルをドラッグ >

とにかく続行

MEGAsyncをダウンロードすれば、容量の大きいファイルでも速く転送できるみたいです。

ダウンロード中

丸一日半くらいでやっと274個までダウンロード・・・5580まで何日もかかるのが目に見えているのでキャンセル

一応アップロードは出来ているっぽい。

「MEGAsyncをダウンロード」していれば、どのくらいパフォーマンスが上がったのか気になるところですが、疲れたので諦めてUSBを購入する事にしました。

今までの試行錯誤は意味なかった・・・(笑)

(参考記事)

音楽ファイルの保存や管理には無料で50GBも使えるオンラインストレージの「MEGA」が超便利!

無料で 50GB も使えるオンラインストレージ!「MEGA」

【無料50GB】大容量オンラインストレージMEGAを使ってみた

まとめ

バックアップを取らない方法

バックアップを取らないでパソコンを初期化した後に、①TunesGoを購入もしくは②pod野郎をダウンロードし、iPodから曲を転送するやり方が考えられます。

私はデータ管理は特に必要としていないので、iPodだけだと無料のpod野郎が良いんですが、iPhoneやiPod Touchには使用できないので、TunesGoが適しています。

バックアップを取っていなくても復元できると言う選択肢があることが素晴らしいですね!

バックアップを取る方法

①USBを購入する

②オンラインストレージのMEGAは「MEGAsync」をダウンロードすればパフォーマンスが上がるみたいなので、いつか機会があれば試してみたい。

結論

結局64GBのUSBを購入する事にしました。

因みに、バックアップを作成するのにUSB3.0で1時間40分かかりました。

今度からはまず初めに、転送スピードを考えるともう少しスムーズに取捨選択できるなぁと思いました。

また、今後は普段からiPodに曲を入れる度に別のデバイスにバックアップを作成しておくことにします!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)